実家の土地の調査内容とその結果

こんにちは!いちおかです。

昨日、娘とHUGっとプリキュア第1話を見ました!娘が3歳になったときぐらいからプリキュアを見るようになったのですが、今年のプリキュアのテーマの一つは子育てだそうです。(びっくり!)

1話の最後に発表される合言葉を、おもちゃ屋さんに伝えると先着でスペシャルDVDがもらえるというキャンペーンをやっていたので、対象のおもちゃ屋さんへ放送終了後に行ってきました。

といってもおもちゃ屋さんの開店から1時間後に行ったので、DVDはもうないかも・・・。と思っていたのですが、難なくGETできました。さすが田舎!

しかも受付の人に私が「プリキュアのキャンペーンで来たのですが・・・」と話しかけたら、「あ、は〜い。」という感じで、娘がまだ合言葉を言っていないのにDVD貰えちゃいました。

さて、前回は、転職してから初めて一条工務店のモデルハウスにいってみたというお話しでした。

転職してから初めての一条工務店訪問

そこで後日、建築予定地を見てもらうことになりました。

土地の調査

約束の日、営業さんが実家に来ました。私の祖父や、父母も興味津々です。祖父はなぜか我が家の歴史を営業さんに一生懸命語っていました(営業さんごめんなさい)。

土地の調査ですが、調査といっても仮契約もなにもしていない状態だったので、あまり本格的な調査ではなかったような気がしています。

調査方法は、営業さんが大きめのメジャーを持って土地の間口と奥行きを測るというものです。

あと、家を建てる予定の場所には、現在小屋が建っているので、その小屋の大きさも測っていましたね。
メジャーの反対側は私が手で持っておさえていました。

こんな調査で大丈夫なのかな・・・?と少し不安に思っていましたが、いつの間にか調査は終了。

後日モデルハウスで調査結果をご報告します。とのことでした。
そのあとまた営業さんが祖父に捕まり、我が家の歴史を語られていました(営業さんごめんなさい)。

土地の調査結果

後日、土地の調査結果が出たということでモデルハウスを訪問しました。調査結果は、、、

なんと建築不可!

以下、詳細です。

実家の土地は、間口が8m弱、奥行きが43mぐらいの非常に細長い95坪ぐらいの土地で、建ぺい率は60%です。
かなり昔に実家と小屋を建てたので、土地の境界線ぎりぎりまで広げて建てられています。
そのため、建ぺい率もオーバーした状態です。

家を建築するには、

  1. 小屋を解体する
  2. 土地を実家といちおか家に文筆する
  3. いちおか家を建築する

という手順を踏まなければなりません。

問題となるのが2の手順です。

営業さんからは、

  • 「家を建てられる大きさに土地を文筆しようとすると、実家が建ぺい率オーバーとなってしまい、文筆の申請が通りません。」
  • 「そもそも現時点で建ぺい率がオーバーしています。」
  • 「そのため、どうしても実家の裏に建築したいのであれば、実家を20坪程減築する必要があります。」ということでした。

それを聞いた瞬間に実家の裏に建てることを諦めました。
実家の減築なんて、祖父・父母が認めるわけないですもん(^^;)
お金も追加でかなりかかってしまいますしね。

父母は、一条工務店の調査結果に納得がいかず、別の業者に土地の調査を以来したようですが、結果は同じでした。
営業さんのメジャー調査は案外精度が高いのかも?

ということで、実家の裏に建てる計画は白紙となったのでした。

 

 

日本ブログ村

日本ブログ村に登録しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です