久々の一条工務店訪問 まさかの営業さんチェンジで家づくりが進展しました。

こんばんは!いちおかです。

この週末は結構アクティブに過ごして、明日から仕事なのに既にクタクタです。

  • 土曜日
    一条工務店の宿泊体験棟を見学してきました。宿泊はまだしていません。見学だけです。完成したばかりで真新しく、リビングの吹き抜けがとても素敵でした。近々、宿泊して床暖房を体験してきたいと思います。
  • 日曜日
    子供と地元の雪まつりに行ってきました。雪燈籠や雪像が会場内に立ち並んでいました。また、雪でできたそりの滑り台や、雪の上をタイヤで滑る滑り台もあり、小さい子たちで賑わっていましたね。毎年行っているお祭りで子供も楽しみにしていました。

  • 月曜日
    子供と私の父親と3人でスキーに行ってきました。子供は今シーズンにスキーデビューしたばかりです。せっかく雪国に住んでいるのだから雪国ならではのスポーツを体験させたいと思いスキーを始めました。それにしてもスキーに限らずウィンタースポーツってお金かかりますね。。。お正月に子供のスキーウェアとスキー道具一式、私のスキー板を買ったらすごい金額が飛んで行きました(^^;)

さて、前回は、今、青森県内で勢いのある!?大進建設のモデルハウスに行ってきたというお話でした。

大進建設 Lasic ラシック リアル住宅総合展示場に行ってみた

今回は、久々に一条工務店のモデルハウスへ行った時のお話です。ここで急展開がありました。

久々に一条工務店へ行った理由

最後に一条工務店へ行ってから1年ぐらいが経っていました。なんでこんなに期間が空いたかというと、

  • もっと他のハウスメーカーも見てみたいという気持ちになった。
  • いちおか家の場合、特に家づくりを焦っているわけではなかったので、のんびりしていた。
  • 営業さんからも特にフォローがなかった。

という3点です。

しかし、ハシモトホーム、大進建設を見てみて、「やっぱり、建てれるならば一条工務店で建てたいよね。」と妻と意見が合致したことから、久々に一条工務店のモデルハウスに行ってみることにしました。季節は冬だったので、久々に床暖房を体験したかったこともありますね。

久々の訪問

特にアポも取らないでモデルハウスを訪問しました。受付を済ませると見覚えのない営業さんが来て、「いちおかさん、こんにちは」と声をかけてくれました。

こちらも挨拶を返すと「実は、以前いちおかさんを担当していた営業は異動してしまったんです。」と衝撃の発言。。。

聞いた時びっくりしました。そりゃあ営業さんからフォローがないわけだ。そんなに見込みがないと思われていたのか!?笑
と思っていたら、

「連絡もなしに異動してしまい、申し訳ございませんでした。ところでもしまだ、他のメーカーさんでお決まりでなければ、お家のことについてお話できませんでしょうか?」と言う新・営業さん。

話の切り替えが早いと思いつつ、一条工務店で建てたい気持ちはぶれなかったので、打ち合わせを約束して、その日は帰りました。

打ち合わせ

後日、約束した時間に一条工務店のモデルハウスへ突入しました。

内容としては、

  • 一条工務店で建てたい気持ちはお変わりありませんか?
  • お変わりないのであれば、ぜひ仮契約をお願いします。
  • 仮契約を不安に思う理由があるのであれば、その内容を教えてください。その悩みを解消します。
  • 来月から坪単価が上昇するので、今がチャンスです。
  • 今ならZEHの申請に間に合います。

というもので、めっちゃゴリ押しな内容でした。
しかしながら、妻ともども何故か不快ではなく、むしろ営業さんに背中を押された感じでしたね。

ただ、「はい、じゃあ契約します。」というわけにもいかず、その場では「少し考えさせてください。」と回答しました。

すると、「はい、承知しました。そういえば近々工場見学があるので、工場見学に行ってもらってから、お答えを聞かせてもらえませんでしょうか?今回はいつもより1等の数が多くてチャンスなんです。」と営業さん。

それを聞いた瞬間、自分が1等を引き当てるイメージが湧いてきて

「はい、いきます!」

と即答していました。

ということで、仮契約の前にまずは工場見学に行くことにったのでした!
新しい営業さんは結構ベテランで、その手腕にやられたようです。

人をその気にさせる話術・テクニック、どうすれば身につくものなんでしょうね?

今回はここまでです。次回は住まいの体験会 工場見学の時のお話になると思います。

日本ブログ村

日本ブログ村に登録しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です