一条工務店 i-smart 30坪の間取り紹介 #8 室内干しスペース

こんばんは!いちおかです。

前回までで、1Fのすべての間取り紹介が終わりました。

なので、今回からは2Fの紹介となります。今回は、室内干しスペースの紹介です。

室内干しスペースの間取り

階段を上がってすぐ右手側に、室内干しスペースがあります。広さは3帖とかなり狭いです。洗濯物を干せるように物干金物を4つ付けています。

室内干しスペースを欲しいと思った理由

私が住んでいる地域では、冬にかなりの量の雪が降ります。そのため、冬は必ず毎日室内干しになります。だいたい12月中旬頃〜3月中旬頃までの4ヶ月間が室内干しなので、1年の3分の1が室内干しです。春夏秋の雨の日を考えるともっと室内干ししていると言えるでしょう。

ということで、間取りを考えるにあたり、室内干しスペースを設けるのは、必須となっていました。

現在住んでいる家では、室内干しスペースが無いため、LDKの一画を使って洗濯物を干しています。これが結構生活感満載で、夫婦ともども、新築では、室内干し専用のスペースが欲しいと話し合っていました。

室内干しスペースが2Fにある理由

そもそも、このスペースは、できることなら1Fに欲しいと思っていました。初期の間取りでは、下の図のように1Fに作る予定でした。

が、土地と予算の関係で、施工面積を減らさなければならず、LDKの広さを優先した結果、このスペースは、1Fからは消えてしまったのです。久しぶりにこの間取りを見ましたが、できることならこの間取りをベースに打ち合わせを進めたかった(^o^;)

この間取りなら、洗濯物を洗面所で洗濯機から出して、干すことができます。

最終型の間取りでは、洗濯物を洗面所で洗濯機から出して階段を上がる必要があります。洗濯物が多い日なんかは、洗濯物の持ち運びにかなり苦労しそうです。

1F

2F

室内干しスペースが2Fにあるメリット・デメリット

残念な理由で室内干しスペースが2Fにできてしまいましたが、メリットもあるんです。(もちろんデメリットもありますが・・・)

メリット

  • LDKに洗濯物を干さないので、LDKがすっきりする。
  • 室内干しスペースが2Fの南側にあるので、洗濯物の乾きが早い。
  • 干した衣類は、そのまま2Fの各部屋のクローゼットにしまえる。

どうでしょう?どれもかなりのメリットではないでしょうか?2Fに室内干しスペースがあることのメリットを考えてみると、室内干しスペースは2Fにあってもいいんじゃないか、と思えてきます。

次にデメリットです。

デメリット

  • 洗濯機から、室内干しスペースまでの導線が長い。
  • 洗濯物を持って階段を登るのはかなり大変。

考えてみると2個しか出ませんでしたが、どちらも致命的なデメリットですね(^o^;)

洗濯物を2Fまで運ぶのは私の仕事になりそうです。

室内干しスペースが畳敷きの理由

一番最初、室内干しスペースは1Fに作ることを考えていたので、床は畳敷きを考えていました。しかし、2Fに室内干しスペースを作ることになってからは、フローリング敷きを考えていたんです。

打ち合わせを進めていくうちに、

  • やっぱり家の中で一部屋は、ごろっとできる畳敷きの部屋にしたい
  • お客さんが来たときに、布団を敷くスペースが欲しい
  • 干した衣類を畳む際、一度は床に置くことを考えるとフローリングより畳の方が良い

ということを考え始めた結果、室内干しスペースは畳敷きとなりました。畳の色は標準のコガネです。

ちなみに図面では、「大壁和室」となっていますが、実際は「洋室畳敷き」のお部屋となっています。理由は、和室というほど大きい部屋ではないので、建具や扉を他の部屋と同じように洋室のもので統一したかったからです。和室にすると、建具の高さも少し低くなるので、狭い室内干しスペースが少しでも広く見えれば良いと思ったのも理由の一つです。

ロスガード

室内干しスペースの奥には、ロスガードがあります。ここにロスガードがある理由は、ここにしか置くスペースがなかったからです。お客さんが来た際、この部屋に布団を敷いて寝てもらうことを考えると少し可愛そうですが、1年に1回あるかないかだと思うので、我慢してもらうことにします\(^o^)/

壁紙

室内干しスペースの壁紙は、畳敷きであることを考えて、少し色味がついている標準のクロスにしました。

壁がIC-0052、天井がIC-0057です。

あとがき

以上、我が家室内干しスペースの紹介でした。残念な理由から2Fに移動した室内干しスペースですが、メリットを考えると、デメリットはあるものの、2Fの室内干しスペースもそんなに悪くないのでは?と思っています。

以上、本日はここまでです。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

日本ブログ村

日本ブログ村に登録しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です