宿泊体験で確認する10のこと(前編)

こんばんは!いちおかです!

前回の更新から随分が日が空いてしまいました(^^;)
今日から本格的に更新を再開したいと思います。

前回は、初打ち合わせということで、いちおか家の要望を設計士さんにお伝えしました

初打ち合わせ

初打ち合わせ後、そろそろ宿泊体験してみませんか?と、営業さんから提案がありました。
一条の床暖房を何とか寒い内に経験してほしいということで、極寒の2月に宿泊体験をしてきました!

今回は、「宿泊体験で確認する10のこと(前編)」と題しまして、私が宿泊体験で確認した方が良いと思った10点の内、5点を書いていきます(^^)!

宿泊体験で確認する10のこと(前編)

1.洗面台(リュクスドレッサー)の収納力

宿泊する体験棟によって洗面台の大きさはまちまちかと思いますが、私が宿泊した体験棟では、下の大きさの洗面台が設置されていました。

※画像は一条工務店webサイトよりお借りしました。

ちなみに、いちおか家で採用したい洗面台(リュクスドレッサー)は下の画像のどちらかです。

※画像は一条工務店webサイトよりお借りしました。

ということで、確認すること1点目!

洗面台(リュクスドレッサー)の収納は片方で十分なのか!?

です。

なぜ私が収納にこだわるかというと、お風呂上がりに使うタオルや着替えを全部この洗面台に収納したかったからです。しかし、30坪前後のお家になりそうな我が家では、もしかしたら片側にしか収納を付けれないかもしれません・・・。
そうなったときのことを考えて、片側収納の洗面台における収納力を実際に試したいと思いました!

2.シャワーの強さ

先輩ブロガーの方々もおっしゃていることですが、シャワーの強さは絶対確認しようと思っていました。なぜなら、いちおかは強いシャワーが好きだからです!

しかし、エコキュートのハイパワータイプにするとオプション代が発生してしまいます。

宿泊体験等に設置されているエコキュートは標準タイプだったので、

標準のエコキュートでは、どれ程の水圧になるのか!?

を是非とも確認したいと思いました!

3.キッチンの油の飛び跳ね具合

いちおか家では、オイルガードは標準のものを採用する予定です。しかし、気になるのは調理しているときの油の飛び跳ね具合です。もし、思ったよりも油が飛び跳ねてしまうのであれば、オプションでハイタイプのオイルガードを採用する可能性があります。

妻は、宿泊体験棟で料理する気まんまんです!さて、どれほど油が飛び跳ねるのか、見ものですね!

4.食器洗い機の大きさ

宿泊体験棟では、標準タイプの食器洗い機が設置されています。現在いちおか家では、バリバリ食器洗い機を使っているため、標準の大きさで満足な量の食器を洗えるのか、試してみることにしました!

5.樹脂シンクの使い勝手

私も妻も、樹脂シンクの見た目が大好きです!天板とシンクが一体となっている感じ、いいですよね!

しかし!使い勝手はどうなんでしょう!?

今までステンレスのシンクしか使ったことがないため、樹脂シンクの使い勝手がどのようなものなのかイマイチ理解できていません。

ネットで調べてみると、

  • カレーやケチャップ等、料理の濃い色がシンクに付いてしまう
  • シンクが硬いため、お皿が割れてしまいやすい
  • その硬さゆえ、割れてしまうことがある

など、デメリットが出てきました。

さすがに、お皿を割ったり、シンクを傷つけたりはできません(^^;)
そのため、濃い色の料理を作って、どれぐらいシンクが汚れてしまうのか、実験してみたいと思います!

 

いかがでしたでしょうか。次回は「宿泊体験で確認する10のこと(後編)」ということで、宿泊体験で確認したいことを引き続き書いていきたいと思います。

今日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

日本ブログ村

日本ブログ村に登録しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です